ホーム > ショートステイについて

ショートステイ

ショートステイ 入院と在宅の両方をスムーズに とりいれたケアをおこないます。
在宅支援いむらクリニックにてショートステイを導入致します。
主にショートステイは、介護者の休養(レスパイト)のための利用や介護者の緊急な出張や外出に伴う利用が多く見られます。

有床診療所でのショートステイ導入の意義について

ケアマネージャー
1、医療依存の高い在宅療養の利用者様が安心して利用できること。
2、現在の有床診療所を休養(レスパイト)目的で利用されている方の介護保険適応が可能。
3、有床診療所が地域ニーズに貢献する役割を果たすこと。
4、主治医は、地域の医師が継続となるため、有床診療所を地域のかかりつけ医に開放すること。

利用対象・ベッド数

【利用対象者】
1、医療依存の高い在宅利用者の方(吸引処置・創傷処置・吸入・注入器)
2、その他
※呼吸器装着者は受けることはできません。

【ベッド数】
4床(空床利用)

入院とショートステイの違い

項目入院ショートステイ
入院(入所)決定基準医学的基準(医療)ケアプラン(生活)
主治医有床診療所医師地域のかかりつけ医
入院(入所)相談先医療機関・老健居宅支援事業所・開業医
病院(地域連携室)など
ケアの主体看護師ケアワーカー
保険請求医療保険介護保険
入院(入所)時家族付き添いなし
日用品自己負担・持参
(日用品費の徴収は出来ない)
日用品費徴収により提供
ティッシュ・シャンプー類
(日用品費200円/1日)
おむつ自己負担基本料に含まれる
生活の服装病衣・寝衣寝衣⇔日常衣
おやつなし有り(なし)
処方可能不可(丸〆扱い)
アクセス


大きな地図で見る

〒639-1028
奈良県大和郡山市田中町728

TEL:0743-55-0207
FAX:0743-55-0209

お問い合わせ 詳しくはこちら